栄養成分分析できます 表示義務化に低価格で対応 大阪府立環境農林水産総研

 大阪府羽曳野市にある府立環境農林水産総合研究所が、簡易分析器を活用し、農産加工品などの栄養成分の分析サービスを行っている。食品表示法で義務化された一般用加工食品の栄養成分表示の経過措置期間が2020年3月末で終了することを踏まえた取り組み。地方独立行政法人が同様のサービスをするのは全国でも珍しいという。昨年10月に始めてからの分析件数は15件だが、経過措置期間の終わりに向けて、ニーズが高まる見通しだ。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは