豚PMS判定広がる 区別化販売に生かす 開始1年で4400頭以上

PMSナンバー6と打ち出したブランド肉を売り込む平田牧場(同社提供)

 昨年1月から始まった豚肉の脂肪交雑基準(PMS)判定を利用する生産者や流通業者が増えている。判定する日本食肉格付協会によると、1年間に4400頭以上で利用された。肉質改良目的や霜降り肉の優位性を高める狙い。国内市場で輸入豚肉の攻勢が強まる中、同協会は「国産の肉質を生かした区別化販売につなげてほしい」と話し、活用を呼び掛ける。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは