バター輸入枠2万トン 需給逼迫で7000トン増 19年度

 農水省は29日、2019年度の国家貿易による乳製品の輸入枠について、バターと脱脂粉乳を各2万トン(製品換算)とする方針を固めた。バターは18年度より7000トン増やす。生乳生産量の減少や在庫量の逼迫(ひっぱく)を踏まえ、今年の安定供給確保に向けて輸入枠の増加が必要だと判断した。脱脂粉乳は同7000トン減に設定。在庫量が十分にあることを踏まえた。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは