1月和子牛 3カ月ぶりに下げ 裾物中心に弱含み

 1月の和牛子牛価格が3カ月ぶりに下げた。JA全農がまとめた全国の主要家畜市場の取引結果によると、1頭平均価格は前月比2・0%安の79万5879円だった。子牛の仕上がりの良さを重視した購買傾向が強く、裾物中心に下げ幅が大きく、平均価格を下押しした。2月も同様の傾向が続き、相場は「弱含みの展開」(市場関係者)になる見込みだ。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは