所有者支援を盛る 農水省方針 費用や技術、負担軽減 ため池法案

 農水省は5日、自民党農林合同会議で、通常国会に提出する予定の農業用ため池の管理保全法案に、ため池所有者や都道府県、市町村に対して、国が防災工事で財政、技術的な支援をする方針を盛り込む方向で検討していることを明らかにした。適正な保全、管理を着実に進めるには防災工事が欠かせない半面、現場の負担をどう減らすかが焦点になっている。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは