ワクチン慎重に 防疫強化が先決 小里副大臣  豚コレラ

 小里泰弘農林水産副大臣は7日、自民党の家畜防疫対策本部の会合で、豚コレラ拡大防止の対応として「まずは飼養衛生管理基準を徹底する」と述べ、豚へのワクチン接種に改めて慎重な考えを示した。豚コレラだけでなく、中国ではアフリカ豚コレラがまん延するなど、これまで以上に適正管理が求められている中、生産現場の防疫措置能力を高めていくことを重視した。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは