労働生産性10%超向上 対象拡大へ新設 産地パワーアップ 成果目標 農水省

 農水省は、農業関連施設や機械、資材などの導入を支援する「産地パワーアップ事業」で、成果目標の選択項目に「労働生産性の10%以上の向上」を新設する。生産コスト削減や販売額の増加などを目標としていたが、目標の達成が難しい先進的な産地もあり、事業の活用を阻んでいた。目標の新設を通じて、利用できる対象を広げる。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは