大阪 殺処分できず 愛知の肥育豚 静岡も搬入、監視 豚コレラ

住宅地にある、発生が確認された養豚場(手前が入り口)。白い防護服を着た関係者らが出入りしているが、殺処分は始まっていない(7日午後5時30分、大阪府東大阪市で)

 静岡県は7日、菊川市のと畜場に、愛知県で豚コレラの陽性となった農場から肥育豚が出荷されていたとして、同じと畜場を使っていた農家を監視することを決めた。出荷用の車両などに付着することで、ウイルスが別の農場に持ち込まれる恐れがあるためだ。また、豚コレラの発生が確認された大阪府東大阪市の当該農場では、殺処分などの防疫措置作業ができない異例の事態に陥った。

 菊川市のと畜場には、6日に豚コレラが確定した愛知県豊田市の農場の関連農場(田原市)から4日までの計5日間で200頭が出荷された。

 静岡県で監視対象となる農場は最大で16カ所。県はこれらの農場に対し、28日間、豚の異常と死亡を家畜保健衛生所に報告するよう要請。出荷以外の豚の移動を自粛するよう求めた。

 また、陽性が確認された5府県の農場からも、肥育豚が各地のと畜場に出荷されている可能性があるとして、長野県などでも農場の監視を検討している。

 防疫作業を進める大阪府東大阪市の農場は住宅街にあるため、殺処分ができなかった。その理由について府は、事前に想定していた焼却場が遠いことに加え、住民に配慮したことを理由に挙げる。

 府は事前に、国が所有する「レンダリング装置」を使い、殺処分した家畜を破砕・加熱処理する方法を想定していた。ただ、今回は農場が都市中心部で、郊外の処理場所までの移動ができない事態となった。都市で家畜伝染病が発生した場合の対応の難しさが浮き彫りになった。
 

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは