「三バン」と言えば政治家に必要な

 「三バン」と言えば政治家に必要な地盤、看板、かばん(お金)のことだが、最近、看板になる「顔」が見えにくくなってきたとの声が届く▼自民党の国会議員はかつてない大所帯になったのに、個性的な“顔”がすっかり影を潜める。世襲が多いからか、「一強」の安倍晋三首相にかすんでしまったか。個性がなければ「ヒール(悪役)にはならないが、主役にもなれない」と、記者で長く永田町を見つめてきた岡崎守恭さんは近著『自民党秘史』(講談社現代新書)で厳しい▼個性が売りの人物がひしめいていたころは一味違った。合従連衡、離合集散をものともせず政権の座を目指す。佐藤栄作首相の後継を争ったのは「三角大福中」(三木武夫・田中角栄・大平正芳・福田赳夫・中曽根康弘)。一癖も二癖もある顔が存在感を示した▼政治家が均一化したということだろうか。政治評論家小林吉弥さんが小紙「ズバリ核心」の初夢で描いた「無敵の史上最強内閣」には、現役からの入閣が安倍首相一人。「人材不足のこの国の政治が透けて見える」と嘆いた。混迷する野党の事情も似たり寄ったり。芯の通った骨太の議員はめっきり減った▼きょうは自民党大会。個性が薄れた政に“緩み”が忍び寄る。顔の見えない政治が、面白いはずなかろう。 

おすすめ記事

四季の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは