第2回落札7・9万トン 「優先枠」累計は47% 備蓄米

 農水省は13日、2019年産政府備蓄米の第2回入札(12日実施)の結果を公表した。今回新たに7万9775トンが落札され、初回を加えた「優先枠」の累計落札数量は9万7403トンとなった。累計落札率は年間枠(20万9140トン)の47%だった。初回で様子見した新潟や富山といった主産地で落札が伸びるなど、取り組み拡大に向けた動きが出ている。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは