施設野菜、酪農 営農指導にICT活用 北海道・JA新はこだて

 北海道のJA新はこだてはNTT東日本などと協力して農業情報通信技術(ICT)の実証試験を始めた。施設野菜、酪農の生産環境データの測定・分析に加え、農作業も記録し、生産性向上に結び付ける。JAと農業改良普及センターが情報を共有しながら、データに基づいた営農指導を実践。農産物の安定生産と品質向上につなげる。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは