ノウフクJAS新設 障害者雇用後押し 農水省来年度

 農水省は、障害者が作った農産物について、新たな日本農林規格(JAS)を定めた。収穫や家畜の飼育など主要な生産工程に障害者が関わり、その取り組みを意味する言葉「ノウフク」を表示することが条件。障害者と連携して作った農産物や加工品のブランド価値を高め、障害者の就労先拡大や賃金向上、農家の労働力不足解消につなげる。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは