豚コレラ巡り農相 愛知全県調査も視野 飼養衛生管理徹底へ 衆院予算委

 吉川貴盛農相は15日の衆院予算委員会で、豚コレラの拡大防止に向け、感染例が相次ぎ見つかっている愛知県内全198農場を対象に、適正な衛生管理をしているか、調査を検討する考えを示した。拡大防止には、飼養衛生管理基準の順守と早期発見、迅速な殺処分という対応が「今のところはベスト」と強調し、ワクチン接種は慎重に判断するとした。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは