全農 土壌診断を迅速化 4月から新システム ネットで依頼、分析

 JA全農は22日、インターネット上で土壌診断の依頼や分析結果の確認などができるシステムを、富士通と共同開発したと発表した。結果を提供するまでの期間を短縮し、結果に基づく処方箋の作成や過去の分析結果との比較もできる。より緻密な施肥設計で肥料のコスト低減につなげる。4月から全国20県域でサービスを始め、順次拡大する。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは