3社と新サービス ドローン散布 スマホで管理 ヤマハ

ヤマハ発動機のドローンを囲む、各社の代表ら(8日、東京都千代田区で)

 ドローン(小型無人飛行機)事業に参入した大手農機メーカー、ヤマハ発動機は8日、ドローンを使った施肥・農薬散布の状況や水稲の生育状況などをスマートフォンで一括して管理・確認できるサービスの開発に乗り出したと発表した。農作業の効率化などが期待できる。今年から実証を始め、早期製品化を目指す。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは