農が育む物語に価値 トキと共存する生産 農業ジャーナリスト 小谷あゆみ

 学名をニッポニア・ニッポンというトキは、江戸時代には害鳥になるほど多く日本の里山にすんでいました。しかし、環境変化により激減し、1981年、最後の5羽を捕獲して人工飼育に変えたことで、野生のトキは絶滅しました。その後、中国からトキの寄贈を経て人工繁殖に成功し、よみがえらせた「物語」の裏には佐渡の米作りが関わっていました。

 新潟県佐渡市では、「朱鷺(トキ)と暮らす郷(さと)」認証米を作り、化学合成された農薬と肥料をいずれも5割減らした「コシヒカリ」を「生きものを育む農法」としてブランド化しています。トキが生息するのは山の奥地ではなく、田んぼや林といった人の営みのある里山。それ故にトキの生態をよく知るのは、環境の専門家だけでなく、生産者なのです。朱鷺と暮らす郷づくり推進協議会の齋藤真一郎さんに田んぼを案内してもらうと、いました! 「ふゆみず田んぼ」(冬期たん水)で、白い羽で顔だけ赤いトキを4羽この目で確認しました。

 保護活動から半世紀以上、今では350羽が佐渡の空に舞っています。驚くのは、飼育下よりも野生で生まれる方が多いこと。つまりそれは、齋藤さんたち島の農業者自らの意志と工夫で、江や魚道を設置して餌場を作り、ドジョウもカエルも、トキも、そして耕す農家自身も、多様な命が活躍する田んぼにした結果です。生産者が育むのは食料だけでなく、地域環境なのです。こうして2011年、「トキと共生する佐渡の里山」は、国連食糧農業機関(FAO)により先進国で初めて、「世界農業遺産」の認定を受けました。地球の食料問題を解決する上で、継承すべき重要な農業システムだと評価されたのです。

 3・11を機に、この国に芽生えつつあるのは「応援消費」です。課題地域のものを、食べて応援、買って応援、旅して応援することは、エシカル(倫理的)消費とも呼ばれ、消費行動自体が社会貢献になり、誰かを応援できる喜びにもつながります。

 佐渡の人々はトキの絶滅という大きな喪失があったからこそ、市もJAも一体となって環境を考え、生き物の多様性を育む農業にシフトできたのです。認証米の面積は1280ヘクタールで全体の4分の1に及びます。島と列島の課題は同じです。農産「物」を売るに止まらず、育んできた「物語」にこそ価値があるのだと、生産者自ら意識と誇りを持って伝える時代ではないでしょうか。 
 

おすすめ記事

コラム 今よみ~政治・経済・農業の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは