聖夜に咲く?“光る花” シクラメンに蛍光遺伝子 新ビジネスも

蛍光タンパク質情報を組み込んだ「光るシクラメン」。青色LED光を照射すると鮮やかな淡黄色に見える。左は、自然光下のシクラメン(共にインプランタイノベーションズ提供)

 遺伝子解析などを手掛けるインプランタイノベーションズは、蛍光タンパク質情報を組み込んだ「光るシクラメン」を開発した。同社によると世界初。自然光では白色だが、暗闇で青色の発光ダイオード(LED)の光を当てると、鮮やかな淡黄色に光る。植物を使った新たなイルミネーションなどに活用できるとみる。

 遺伝子組み換え(GM)技術で開発した。海洋プランクトンのキリディウス属から見つかった蛍光タンパク質の遺伝子情報を、白い花のシクラメンに組み込んだ。一般のシクラメンは花弁が5枚だが、自然突然変異で雄しべが花弁化し八重咲き。雄しべがないため花粉飛散が少ない。組織培養でクローン苗を増殖する。

 同社は「イルミネーションなどビジネス展開が期待できる」とみる。GM技術で開発されたため、一般の栽培と販売には農水省と環境省の認可が必要。今後、認可に向けた試験を検討するという。

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは