[果樹園の省草刈り機](下) 農研機構 姿勢が楽 効率2培

刃で幹を傷つけない小型幹周草刈り機(長崎県南島原市で)

 農研機構は「カンキツ新技術・新品種研修」で、高機動畦畔(けいはん)草刈り機と小型幹周草刈り機の2種類を披露した。畦畔草刈り機は、リモコン式で、水田だけでなく、傾斜地が多い果樹園での利用も想定している。幹周草刈り機は歩行式で、長い操作ハンドルが特徴で、楽な姿勢で樹冠下の除草作業ができる。

 高機動畦畔草刈り機は、農機メーカーのササキコーポレーションと共同で開発している。電動式だが、走行部はクローラーで走破性が高い。傾斜は最大35度まで対応でき、1台で畦畔とのり面を除草できる。

 刈り取り部には、機体の前方に左右二つの回転刃を搭載する。刈り取りの角度を変えられる「フレキシブルアーム」という機構で、畦畔を挟むように草刈りができる。販売に向け、現地試験と改良を重ねているところだ。

 小型幹周草刈り機は、従来の歩行型のり面草刈り機を基に、クボタとの共同で開発した。作業者は、自走する草刈り機の斜め前を先行するように、操作ハンドルを持って操作する。ハンドルの長さは1・5メートルと2メートルの2種類を試作。わい化リンゴなど樹高の低い果樹園でも、無理な姿勢をせずに作業ができるようにした。

 本体の主草刈り部に加え、車体の横にもオフセット草刈り部を付けた。障害物にぶつかると、障害物の反対側によける機能を持ち、刃が幹に当たって傷つける心配がない。

 農研機構によると、慣行の刈り払い機の作業と比べて、作業効率が最大2倍になるという。研修で操作を体験した参加者からは「楽な姿勢で作業できる」「育種など植栽本数が多い園地で役立ちそう」との意見があった。生産者らに意見を聞き、販売に向けて改良を重ねる。
 


動画が正しい表示でご覧になれない場合は下記をクリックしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=H3WHL1idzkw

おすすめ記事

動画ニュースの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは