1県1JA、県域JA 24府県が実施・研究 経営・販売強化めざす 本紙調べ

 「1県1JA」や「県域JA」への合併を実施・構想または研究・検討している県域が24府県に上ることが、日本農業新聞の調査で分かった。JA経営や農業を取り巻く環境の厳しさが背景にあり、再編による経営基盤の強化や、規模メリットを生かした販売力の向上などを目的に掲げる。一方、幅広い合意形成をはじめ、実施には課題も多いとみられる。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは