地域課題 解決のプロに 共生推進士7人誕生 高知県立大が独自資格

地域共生推進士第1号の7人(高知市で)

 まちづくりや観光、教育、医療など地域が抱えるさまざまな課題を解決する人材育成に高知県立大学が乗り出している。独自の資格「地域共生推進士」を創設。一定の研修を経て必要な知識や実践力を備えた人を認定する。今月第1号となる推進士7人が誕生し、活躍に期待が集まる。
1 2

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは