基幹産業ミカン守る 地元企業と「共和国」立ち上げ 静岡・JAしみず

コンサル ブランド化 地域商社 加工品開発 就農、移住の窓口も


 静岡県のJAしみずは、基幹品目の温州ミカン振興のため、コンサルタント会社や地域商社、事業承継サポート機関などと連携した共同プロジェクト「清水みかん共和国」を立ち上げる。産地や関連産業を持続可能にする仕組み作りを目指す。まずは地域商社と、規格外品を使い、若い女性や中高年層をターゲットにした商品開発を進めており、4月の商品化を目指す。

 連携する各団体が持つ専門的なノウハウを、JAを軸に結集し、高齢化や次世代の担い手確保、農業所得向上などの課題に立ち向かう。静岡市清水区産ミカンのブランド力強化、加工品の商品化と販売、農業の事業承継支援、新規就農者の受け入れサポートなどを総合的に進める構想。JAが農家とのつながりを生かしたプラットフォームとなり、各連携団体が専門分野を生かした事業を展開する。

 加工品の商品化と販売は、農産物の海外販売も手掛ける地域商社の(株)ふじのくに物産が請け負い、ジュースなど付加価値の高い加工品の開発と販路拡大を狙う。

 ブランディングやプロモーション、総合的なコンサルティングを請け負うのは、(株)クレアファーム。静岡県事業引継ぎ支援センターとも4月に協定を結ぶ。後継者問題など事業承継について、新規就農者とのマッチング、首都圏などからの就農や移住にも期待する。

 ふじのくに物産との連携では、規格外品でジュースやジャムなどの加工品開発を行う。今年は試験的に約10トンを搾汁し、若い女性や中高年層をターゲットにした商品開発を進め、4月の商品化を目指す。規格外品は、食味は出荷品と変わらないが、安価に取引されているため出荷せず廃棄してしまう農家も少なくない。JA管内では年間200トンほど発生している。JAはこれまでも加工品の商品化を行ってきたが、地域商社と連携することで、商品開発のノウハウや販売チャンネルを生かし、一層の“売れる商品”の展開を期待している。

 JAの良知和久営農部長は「各関係団体と連携し、農業所得向上と持続可能な清水のミカン産業を目指して、早期にシステム構築を目指す」と力を込める。

 2018年度のJA管内のミカン生産者数は、740人、栽培面積440ヘクタール、出荷量約7000トン。普通温州が全体の6割を占め、その他特徴的なものとして、清水生まれの中晩かん「はるみ」や、平均糖度20を超えるキンカン「こん太」などの栽培に力を入れている。 
 

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは