就農増へ研修充実 農水省に改善勧告 総務省

 総務省は22日、就農希望者や新規就農者への公的支援を充実させるよう農水省に勧告した。実態調査で、新規参入希望者が技術習得だけでなく機械操作や経営を含めた研修を受けたことで、就農率が上がったことを把握。受け入れ農家での研修充実を求めた。就農後も経営状況を踏まえた支援を提起。離農率の引き下げには、離農理由の分析が重要とした。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは