外国人受け入れ あす全国協議会設置 業務範囲検討へ 省庁、JA参加

 農水省は25日、改正出入国管理法(入管法)に基づき来年度から始まる外国人労働力の受け入れで、従事業務の範囲など、農業分野の対応を検討する全国規模の「農業特定技能協議会」を27日に設置することを明らかにした。外国人を受け入れる経営体には、協議会への参加を義務付ける。外国人向けの耕種・畜産の農業技能の測定試験は、年内に海外7カ国で実施する予定とした。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは