600万円以上も申請可能 農水省が通知補足 新規就農給付金

 農水省は、若者の新規就農を支援する「農業次世代人材投資事業」の2019年度からの新規採択者の目安について、新たな説明を加えた。「前年の世帯所得が600万円以下」を目安とした通知を補足し、「600万円以上でも、自治体が判断すれば可能」とした。通知に対し、「唐突過ぎる」など波紋が広がったことを受け、対応した格好。通知の補足を農政局などに出した。同省は「目安の600万円は線引きではない」と説明する。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは