都心にトラクター!? ヤンマーが屋外レストラン開店 東京・八重洲

ヤンマーが期間限定で開店したレストランの入り口に置かれたトラクター。来場客が運転席を熱心にのぞき込んでいた(東京都中央区で)

 JR東京駅八重洲口近くのビル街にトラクターが出現──。ヤンマーが東京支社のビル建て替えに伴い、期間限定で開店した屋外レストラン「THE FARM TOKYO」の入口に展示した。トラクターは「生産者と消費者をつなぐ象徴だ」(同社)という。

 訪れた人たちがビールを片手に、トラクターの隣で記念撮影をしたり、運転席を熱心にのぞき込んだりしていた。さいたま市の会社員、岡本彩花さん(27)は「会社帰りに通り掛かってトラクターが目に留まった。間近で初めて見たトラクターは精悍(せいかん)だった」と話した。 

 昼はベーカリーとカフェ、夜はバーベキューなどが楽しめる。約1000平方メートルの敷地に約200席を用意。米と水だけを使った食品素材「ライスジュレ」と野菜を使ったソフトクリームなどが人気だという。

 ヤンマーの食事業推進室の三木依子課長は「消費者には農業への親しみと、生産者にはかっこいいトラクターで農業を後押ししていきたい」と話す。バーベキューは45日先まで予約でほぼいっぱいだという。営業は10月31日まで。

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは