キュウリ薄膜水耕 年3作 40トン取り 秀品90%超

「かっぱランド」で栽培するキュウリの草勢の強さを説明する担当者(茨城県牛久市で)

独自ベッド 草勢強く


 独自のベッド構造で強い草勢を維持する新たな養液水耕栽培システムが、施設キュウリの10アール当たり40トン取りを実現した。従来より回転を速めた年3作で収量が向上した。培養液を浅く流して根が呼吸しやすい薄膜水耕(NFT)栽培の改良版だ。三菱ケミカルアグリドリームが4月から販売を始めている。

 システム名は「かっぱランド」。NFTを改良し、・・・
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは