【速報】 日米貿易協定交渉が開始 物品分野を集中議論

 【ワシントン岡信吾】日米両政府は15日(日本時間16日午前)、当地で新たな貿易協定交渉が始まった。茂木敏充経済再生・環太平洋連携協定(TPP)担当相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が交渉に臨み、農産物や自動車・同部品などの物品分野を集中的に議論。米国側では農業分野の先行合意を求める声もあるが、茂木担当相は会合後、「基本的にはパッケージで決めていく」との認識を示した。交渉は16日(日本時間17日午前)も予定している。

おすすめ記事

速報の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは