トマト甘糀 茨城県行方市

トマト甘糀

 茨城県行方市の「緑と風の農園」が生産するトマトと米「コシヒカリ」で作った甘こうじを使ったソース。原材料のトマトは、糖度の高い「フルティカ」。砂糖や塩を使わず、甘こうじで素材の甘さを引き立たせた。豚肉のソテーなど肉料理に加え、デザートのソースにもお薦め。

 同農園の高柳秀樹さん(63)が4月に販売を始めた。2014年に発売した「トマト塩糀」、16年の「トマト塩糀スパイシー」に続く第3弾。高柳さんは「塩分を気にする高齢者やケチャップが苦手な子どもでも使えるように開発した」と話す。

 市内の道の駅や県のアンテナショップ「イバラキセンス」(東京・銀座)などで販売。1瓶(125グラム)600円。問い合わせは同農園、(電)0291(35)0728。 

おすすめ記事

一村逸品の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは