老鶏の卵 その名も「美魔女エッグ」 餌に竹炭 品質アップ 愛知県立安城農林高

安城農林高校の生徒が開発した「美魔女エッグ」(愛知県安城市で)

コレステロール 脂質 カロリー減


 愛知県立安城農林高校の生徒らが、採卵鶏の餌に竹炭を混ぜることで卵の品質を改善した「美魔女エッグ」を開発した。年老いた鶏でも竹炭入りの餌を食べると、産卵能力や殻の硬さがよみがえることから名付けた。脂質やコレステロールの量が減ることも確認しており、今後は卵を使ったスイーツなどの加工品開発にもつなげたい考えだ。

 動物科学科の2、3年生23人が「Anno(あんのう)美魔女エッグプロジェクト」として取り組んでいる。鶏は一般的には生後1年半から2年で産卵数が減り、殻が割れやすい軟卵も増えるため廃鶏となる。より長期間採卵できないかと考え、鶏を健康に保つために竹炭を餌に混ぜている農家がいると知り、生徒らも検討した。

 まず市販の竹炭をハンマーで細かく砕き、どれくらいの大きさの粒なら鶏が食べるかを試験した。直径2、3ミリの米粒ほどの大きさなら、最初は戸惑うものの食べることが分かった。

 竹炭を0・4%の割合で餌に混ぜ、水も竹炭でろ過したものを与えた。すると、廃鶏間近の鶏でも軟卵が減り、販売基準の一つである荷重3キロに耐えられる卵が取れるようになった。プロジェクトのリーダーを務める3年生の宮本朱理さん(17)は「竹炭の健康効果で栄養が吸収しやすくなり、年老いた鶏も元気になったのではないか」とみている。夏場の課題だった下痢も減ったという。

 昨年11月に地域のイベントで初めて販売した時には、80パック(1パック10個)を完売。購入者へのアンケートでは、「美魔女エッグ」という特徴的な名前から、興味を持って買う人が多かった。定期的に校内でも販売し、徐々に知名度が上がってきたという。

 今は粒状の竹炭を購入し、飼養する800羽全てに与えている。卵は殻の硬さだけでなく、栄養価も改善。専門機関で分析したところ、脂質とコレステロールの含有量が15%減少。カロリーも10%減っていた。

 プリンなど加工品開発も進めている。宮本さんは「高校の新しい商品。健康的な卵としてもアピールし、多くの人に食べてもらいたい」と話す。

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは