18年度鶏肉生産量 過去最高160万トン超 消費伸び主産地増産

 国産鶏肉の生産量が2018年度に初めて160万トンを超え、統計がある1991年度以降で最高となったことが、農畜産業振興機構のまとめで分かった。低カロリーでタンパク質が豊富な点が健康志向の消費者から受けており、需要の伸びに応えようと九州や東北の主産地が増産に動いた。しかし、潤沢な生産量に需要が追い付かず、「荷余り感が生じた」(都内の流通業者)ため、相場は前年を下回って推移した。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは