国産食材の魅力 「ロック」で発信 音楽バンドが首相を表敬

安倍首相(右から2人目)を表敬訪問する打首獄門同好会のメンバー(13日、東京・永田町の首相官邸で)

 食や身近な生活を題材にした楽曲を多く手掛けるロックバンド「打首獄門同好会」は13日、音楽を通じて国産食材の魅力を発信する「FAN(ファン)バサダーロック」に就任し、安倍晋三首相を表敬訪問した。農水省の「フード・アクション・ニッポン」の一環。安倍首相は、若者中心に幅広い世代への発信に期待を寄せた。

 同バンドは男女3人で構成。代表曲「日本の米は世界一」は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の再生回数が670万回を超える。

 同曲を聴いたという安倍首相は「若い新規就農者も増えている」とし、若者へのPRに協力を呼び掛けた。

 リーダーの大澤敦史さん(40)は「新潟県でご飯を食べた時の感動を基に作った」と説明。国産の魅力発信に力を入れるとした。 

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは