全農 米の集荷事業強化 大規模農家に重点 「複数年」を提案

 JA全農は今年度、米の集荷事業を強化する。大規模生産者をターゲットに、固定価格による米の複数年契約などを提案。業務需要を見据えた多収米の契約栽培を拡大し、減少傾向にある集荷量の盛り返しを狙う。生産・集荷事業の専任部署「米穀生産集荷対策部」を設置。国内の米生産量に占める連合会の集荷シェアを2021年産で34%に高める目標を掲げる。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは