[農の発信“巨”点](4) 元気充電 パワー“すぽっと”

トマトのオブジェの大きさを生かしてトリック写真を楽しむ女性客(福島県いわき市で)

 福島県いわき市の体験型農園、ワンダーファームにある巨大なトマト像が、恋愛成就のパワースポットとして人気を集めている。

 高さ、直径ともに約3メートルで強化プラスチック製。同農園は、トマトの造形物で「日本一の大きさ」(営業部)と胸を張る。2017年に制作した後、「ハート形に見える」とのうわさが広まり、若い女性らが足を運ぶようになった。

 同ファームは東日本大震災後の16年に、市特産のトマトで農業や観光を活気づけようと、地元農家が運営に携わる形で開業。年間25万人が訪れ、地域雇用にも一役買う。

 神奈川県平塚市から友人と来た渡邊七海さん(29)は「大きい真っ赤なトマトを見て元気が出た。良いことがありそう」とスマートフォンで撮影を楽しんでいた。 
 

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは