和牛受精卵対策で自民案 生産流通 行政把握を

 自民党の「和牛遺伝資源の流出等に関する専門検討プロジェクトチーム(PT、赤澤亮正座長)」は31日、和牛の精液・受精卵の海外流出防止に向けた対策をまとめた。受精卵の生産や流通、在庫の状況を国や都道府県が定期的に把握できる仕組み作りを提起。国が管理方針を定めて全国の管理水準を上げることを求めた。不適切流通への罰則強化も盛り込んだ。これを踏まえ、農水省は、法改正も含めた具体策の検討に入る見通しだ。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは