脇山茶 列国おもてなし 福岡・G20財相会議で

「脇山茶を世界にPRしたい」と意気込む馬場さん(福岡市で)

 8日から福岡市で始まる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、同市産の緑茶「脇山茶」が振る舞われることになった。会場内の特設ブースで、各国の関係者用に約300杯を用意する。

 脇山茶は、JA福岡市青年部脇山支部が管理の依頼を受け、約30アールで栽培する。在来種で甘味があり、すっきりとした味わいが特徴の茶だ。

 青年部や地域住民でつくる「脇山あぐり倶楽部(くらぶ)」に、市が提供を打診したことで実現した。団体で事務局を務める馬場康平さん(36)は「地域ぐるみで栽培している。世界各国の人に味わってもらい、福岡市や脇山をアピールしたい」と意気込む。

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは