集落営農 集積に限界感 農水省 19年調査 

前年より7300ヘクタール減 法人増も高齢化進行 


 集落営農組織への農地集積が縮小していることが、農水省の調べで分かった。2019年2月時点で、1万4949件に47万4496ヘクタールが集積されているが、前年より7000ヘクタール以上減少。法人の集積面積は増えているが、任意組織の件数や面積の減少幅が大きく、全体の面積縮小につながった。法人の設立件数も伸び悩んでおり、農地の受け皿をどう確保するかが課題となっている。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは