18年産米 前年比4%減 4月在庫 山形など販売進む

 農水省は2018年産米の4月末現在の民間在庫状況をまとめた。出荷・販売段階の全国在庫量は185万3000トンで、前年同月より4%少ない。作柄低下で出回りが落ち込んだ他、5月の大型連休前に販売が進んだことなどが背景にある。しかし、米の需要減少に伴って在庫量を抑える必要性を踏まえると「油断はできない状況」(東日本のJA)だ。今後の販売動向が注目される。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは