農村体験法案を提出 衆院5会派 子どもの滞在支援

 自民、公明、国民民主、日本維新の会、未来日本の衆院5会派は13日、子どもの農林漁業体験活動を推進する法案を衆院に提出した。小・中学校教育で1週間程度、農山漁村に滞在する機会を設け、自然や地域住民と触れ合うことで子どもの生きる力を育む狙い。ただ、立憲民主、共産など一部野党の賛同は得られておらず、会期末が迫る今国会での成立は困難な情勢。秋の臨時国会での成立を目指す。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは