受け入れ先助言役 農家と施設を調整 農福連携 人材育成へ JAなど対象

 農福連携は、農業現場の労働力確保、障害者の生きがい創出など双方に利点があり、政府を挙げて推進。一方、定着に向けては障害者にとって働きやすい環境づくり、受け入れ側と働き手のマッチングなどの課題も少なくない。

 同省は農山漁村振興交付金の農福連携対策として、2019年度から新たな育成事業を始めた。ジョブコーチ、コーディネーターともに事業期間は2年。年間助成額の上限は400万円とした。

 ジョブコーチは、障害者を受け入れる際の留意点を農家に助言する。「作物は5回こすって洗う」など具体的な指示を出したり、休憩をしっかり取るよう促したりなど、障害者への配慮を身に付けることを手助けする。社会福祉法人などに、農家で農作業を学ぶための研修費用などを助成。2年間で、コーチを地域の農家に派遣できるようになるまでを想定しており、派遣にかかる費用も助成する。

 コーディネーターは、農家と、農作業を請け負いたい福祉施設、双方のニーズを踏まえた上で、合致する相手の確保や要望内容の調整を担うことを想定する。

 対象は、社会福祉法人やJA。農業と福祉、両方の実態を分かった上で調整ができるよう、農作業や障害者の労働現場での実地研修を想定し、必要経費を助成する。
 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは