19年産露地ブドウ シャイン11%増 他品種から転換 全果協

 全国果実生産出荷安定協議会(全果協)落葉部会は、2019年産の露地ブドウと桃の出荷計画をまとめた。ブドウの出荷量(6~12月)は前年実績比1%増の4万1818トンの見込み。品種別では実需から人気の高い「シャインマスカット」が、他品種からの改植などが進み11%増と、引き続き拡大する。桃(6~9月)は出回り量が落ち込んだ18年産から回復し、14%増の4万6077トンを計画する。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは