世界の穀物干ばつ被害 27年分推計し地図化 農研機構

 農研機構は、世界の穀物の干ばつ被害を推計し、地図化する技術を開発したと発表し、穀物生産が2009年までの過去27年間で約1660億ドル(約18兆円)減少したとの推計を明らかにした。世界中の干ばつ被害を同じ基準で比べる手法は世界初。輸入穀物の価格変動や干ばつ対策の必要な地域の見極めにつながる。

 地図は、世界を50キロ四方の区画に分け、過去の降水量や収穫データから、干ばつで収量がどれだけ減ったかを0~20%の範囲で見積もった。新しいデータを使えば、干ばつの予測にも使える。

 研究成果によると、過去27年間で1回以上、干ばつ被害が起きている農地は、小麦1億6100万ヘクタール(世界の収穫面積の75%)、トウモロコシ1億2400万ヘクタール(同82%)、米1億200万ヘクタール(同62%)、大豆6700万ヘクタール(同91%)。穀物生産をする世界の農地の4分の3に当たる4億5000万ヘクタールが干ばつ被害に遭っていた。

 減収の割合は、27年間の平均で、小麦が8%(1ヘクタール当たり290キロ)、トウモロコシが7%(同240キロ)、米が3%(同130キロ)、大豆が7%(同150キロ)となった。

 このシステムは、干ばつの予測ができ、輸入先の減産や、価格変動などのリスクを避けることにも利用できる。同機構は「干ばつは世界で最も農業被害の大きい自然災害で、システムは世界の干ばつ対策につながる」と説明する。

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは