米先物 本上場取り下げへ 試験延長申請の方針 大阪堂島商取

 大阪堂島商品取引所は22日、臨時理事会を開き、米の先物取引の本上場申請を取り下げ、現行の試験上場の期間延長を新たに申請することを決めた。同日、農水省が本上場の認可基準を満たさないとの見解を示したことを受け、米先物市場の“延命”へ現実路線にかじを切った格好だ。だが、際限のない延長は、市場の成長性を試験的に見定めるとの試験上場制度の趣旨に反しており、同省の対応が問われる。……
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは