カメムシ防除へ ドローン部隊 JAみやぎ登米

住友商事の担当者と今後について話すJA職員(左)(9日、宮城県登米市で)

 宮城県のJAみやぎ登米は、管内の水田約380ヘクタールで、農業用ドローン(小型無人飛行機)20機を使ったカメムシ防除を展開中だ。JAと住友商事、住友商事東北と2018年に締結した先端農業技術に関する「戦略的パートナーシップ」に基づいた取り組み。9日、登米市豊里町鴇波地区で水田の作業受託を請け負う農業生産法人ときなみファームが同地区の水田約100ヘクタールで、10機のドローンで防除作業をした。……
1 2

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは