スマート農業普及へ ソフト開発・機器リース業者 金融支援の対象に 来年度に農水省

 農水省は、スマート農業の普及に向け、営農管理システムを開発する農業用ソフトウェア会社などを来年度から新たに金融支援の対象として、事業参入を促す方針だ。ドローン(小型無人飛行機)を活用した農薬散布の代行業や、収穫ロボットなどの農業機械のレンタル・リース業も対象。スマート農業に関係する業者を金融面から後押しし、生産現場での先端技術の活用を加速させたい考えだ。
 

 具体策としては、農業競争力強化支援法に基づく金融支援の対象業種に①農業用ソフトウェアの供給…
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは