有機野菜「購入したい」3割 サラダクラブ調査 安全、鮮度求める

 有機野菜を購入したいと考える人の割合が男女共に3割に上ることが、カット野菜販売を手掛けるサラダクラブの調査で分かった。特に20~30代の男女を中心に購入意向が強かった。食に対する安全や安心、満足感から購入をしたいという声がある一方で、価格の高さや認知度の低さなど販売面での課題も明らかになった。

 調査は今年2月末~3月初旬、全国の20~69歳の男女2060人を対象にインターネットによるアンケート方式で行った。

 有機野菜を「購入したい」「やや購入したい」と答えたのは全体で29%。男性(26%)より女性(31%)の購入意向が強かった。性別・年代別でみると、20代、30代の女性の3割以上が購入したいと答えた。最も購入意向が強かったのは20代男性で35%だった。「安全・安心であり、鮮度が良い感じがする」(20代女性)などの意見があった。同社は「若い世代は食に対して付加価値を求める傾向が強い」と分析する。

 一方、「どちらともいえない」「購入したくない」を選んだ理由では「定義があいまいな上、コストが高い」(30代男性)との声があり、同社は「メリットが十分に伝わっていない」とみる。

 購入経験の有無についても尋ねた。購入したことがあると答えたのは全体で40%。50代以上の女性では半数以上が購入経験があると答えた。購入意向の強い若年層の購入経験は全体を下回っており、同社は「販売チャンネルを増やすことが必要」と指摘する。

 購入したい商品のカテゴリーの中では野菜(42%)が最も多く、次いでサラダ(22%)、フルーツ(21%)だった。
 

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは