25年度生産努力目標 達成は米、鶏肉、鶏卵 小麦、大豆の減少顕著

 農水省は、食料自給率目標達成に向けて設定した主要15品目の生産努力目標(2025年度)の18年度達成状況をまとめた。米と鶏肉、鶏卵の3品目は既に目標を達成した。小麦や大豆で生産量の落ち込みが目立ち、野菜や複数の畜産物は横ばいが続き、上向いていない。各品目の増産に向けて、生産基盤をどう拡充していくかが問われている。

 政府は食料・農業・農村基本計画で、25年度のカロリーベース自給率目標を45%に設定。主要品目ごとに生産努力目標を設けた。だが自給率に上昇の兆しは見えてこず、18年度は37%と前年度から1ポイント減り、過去最低に落ち込んだ。

 前年度と比べて減産が目立ったのが、小麦と大豆だ。小麦の生産量は77万トンで前年度から15%減、大豆も21万トンで同16%減となった。

 目標と比べると、小麦は81%、大豆は66%にとどまる。最近5年間で、小麦は15年度に100万トンに達し、目標の95万トンを超えたが、その後は目標を下回り続けている。大豆は目標が32万トンだが、30万トンを超えたことは一度もない。生産量が上向かない中、18年度は、両品目の主産地、北海道が低温や日照不足に見舞われ、減少に拍車が掛かった。

 天候不順は飼料作物の生産にも影響を与えた。飼料自給率は25%と3年連続で下がり、目標の40%との差は広がり続けている。

 野菜の生産量は1131万トンで、4年連続の減少となった。他品目と同様に高齢化が進行。防除などの手間がかかる中、縮小傾向が続き、目標の81%にとどまっている。

 生乳は728万トンと、1985年度以降で最少に落ち込んだ。北海道の生産が持ち直す一方、都府県の離農が加速している。

 牛肉は48万トンで前年より1万トン増えたが、目標とは4万トンの開きがある。需要が伸びる中、「国産の増加を上回るペースで輸入が増えている」(同省大臣官房)だけに、外国産とのすみ分けを改めて検討し、国産牛肉の需要をどう確保するかが課題となっている。

 18年度時点で目標を達成した3品目のうち、米は775万トンと前年度並みで推移。目標を3%上回った。鶏肉は160万トン、鶏卵は263万トンで、ともに増産が続き目標を9%以上上回った。
 

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは