【速報】9月署名目指す 日米貿易協定

 【ビアリッツ(フランス)岡信吾】安倍晋三首相とトランプ米大統領は25日、当地で2度にわたり会談し、日米貿易協定について9月の署名を目指すことで一致した。同席した茂木敏充経済再生担当相は記者会見で、農産品について「過去の経済連携協定の範囲内で、米国が他国に劣後しない状況を早期に実現する」と述べた。「コアエレメンツ(中核的な要素)で意見が一致した」と述べるにとどめ、内容は明らかにしなかった。

 会談ではトランプ氏が、日本が米国産トウモロコシを大量に買うと強調する場面があった。安倍首相は、国内の害虫被害を踏まえた代替飼料の確保対策により、民間ベースでの米国産輸入量が増えるとの見通しを示した。

 両首脳は同日午前から会談。その後、トランプ大統領の要請で再び顔を合わせ、共同会見した。トランプ大統領は「原則合意した」と述べた。

 一方、日本側は合意という言葉を避けた。茂木担当相は「『合意』の段階で内容について公表したい」と述べた。9月には、米ニューヨークの国連総会に合わせて下旬に首脳会談が開かれる見通し。

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは