乳業 自家発電を拡充 非常時も生乳受け入れ

 昨年9月の北海道地震により道内全域で発生した大規模停電を教訓に、大手を中心に乳業メーカー各社が道内工場の自家発電設備の拡充に動いている。非常時でも酪農家から生乳を受け入れ、生乳廃棄の発生を防ぐとともに供給網を安定させる狙いだ。各社の設備導入は2020年以降に本格化する。……
 
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは