正組の利用割合高い 「営農指導充実に貢献」 農水省JA事業利用調査

 農水省は6日、改正農協法に基づくJA正、准組合員の事業利用調査の結果を初めて公表した。信用の貯金と貸し出し、共済、購買の4事業のうち、3事業は正組が准組を上回った。信用の貸し出しは准組の方が多かったが、貸し出し余力などを踏まえて、「正組合員の支障にはなっていない」(吉川貴盛農相)とみる。営農指導など正組向け事業の充実に貢献しているとも指摘する。……
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは