基本計画見直し着手 食料自給率向上が焦点 地域政策も鍵

食料・農業・農村政策審議会の高野会長(右)に新たな基本計画を諮問する吉川農相(6日、東京・霞が関の農水省で)

 農水省は6日、農政の中長期的な羅針盤となる食料・農業・農村基本計画の見直しに着手した。吉川貴盛農相が食料・農業・農村政策審議会(会長=高野克己・東京農業大学学長)に計画変更を諮問。来年3月に新たな食料自給率目標などを示した計画を閣議決定する。生産基盤を再建し、自給率向上の道筋をどう描くかが焦点。担い手不足にあえぐ中山間地域を維持させる地域政策を打ち出せるかも課題だ。……
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは